蒔かれた種について

アーティスト安藤裕子
作詞安藤裕子
作曲安藤裕子
ややこしい事柄は理解らないけれど、ウソくさいにおいが全てにする。
生まれたあの子は離さぬように 祈るだけです。 私は弱いから。

キレイに並ぶビルにホコリがまみれ…
別に関係ないこと、それは わかっているの。
唯あの空の下に星がみたい。
あの空の下には...

不幸になれている幸せな私。
おごれる労りとからかい逃げているの。
もしこの空に神様がいるのなら 甘えた心と情けなく思うわね。
汚れた街に立った。

「生ぬるい生き方さよならを告げて、心に罪の輪をかけてみよう。
虫のいい話を信じるのは 弱さなのです!」 エラそうには言えるのさ!

あの空の下には海が広がる。
なまけものの僕らがそれを汚していくの。
半径1m世界は見えず。
あの空の下には...

もしこの空に神様がいるのなら 倒れたあの子をだまって助けてよ。
もしこの心に神様がいるのなら なまけた体を今突き動かし て。
不幸になれたふり幸せな私。
おごれる労りとからかい逃げるだけで、
もしこの心に神様がいるのなら 甘えた私を今突き動かして。
汚れた街に立った。

今、目の前に立ちふさがるのは につまる心としらけたLife
誰もが皆とおりすぎゆく。
私を此処に留めてよ。
ここに立って空をみあげれば きっと星空はあって、
ここに立って...。

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加