yuyake

アーティスト安藤裕子
作詞安藤裕子
作曲白根賢一
一日の終わりがどうも見あたらないんだ、
と今日もまた首を傾げながら 何かごまかしてみる

あの小説の主人公がそこで 口にして言うには

「凝り固まる 判断ミスだった。」と

いやちがうんだ、答えは解 っているんだ。
と言えたのは遠い夏の日 甘くスキだらけの少年で… 。
僕は知らずの一日がもう 離れて行くこと、
曖昧に許してしまっているんだ

「決して一日は夕焼けだけで成り立っているんじゃないから、
その前で立ちつくすだけでは生きてはいけないんだよ 。」

あの夏の甘くスキだらけで 頑なな少年、僕の台詞を笑い飛ばした。
また自分の手をすり抜けていく カケラ達 サヨナラだね

僕はまだ未来に立ってなんか…

何も知らずにいられたならそれでもいいだろう?
曖昧に答えを変えてきたんだ。そして、

一日の終わりがどうも見あたらないんだ、
と 今日もまた首を傾げながら 何かごまかしてるけど

明日にはきっと見たこともないような夕焼け 出会えるんだ。
と、そう言いたいんだよ 出会えるんだ。
と、そう言 いたいんだよ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加