バタフライ

アーティストSMAP
作詞森 浩美
作曲谷本 新
夜更けの 2時過ぎに ドアを叩く誰か
名前もない君 どうせ眠れなかったんだよ
中に入りな さぁさ Oh yeah

首筋に かすかに残ったコロンの香りで
素肌なら甘い モヤモヤとしたオレ自身を
いますぐ晴らしたいだけさ

路地裏の窓 光に群がる虫なんかいて
ふたりの姿 なぜか そうダブらせながらの
抱きあって夜は

あやしげに 赤いトキメキが 君の奥深くまで 飛んでけば
苦しげに 羽をもがれては 堪えきれなくなってきて
闇に墜ちてゆく

明日も明後日も 大した意味なんてない
知ったことじゃない きれいに着飾ったとこで
みんな同じ 迷うばかりなら

もうこれ以上 考えるほどのアタマなんかなく
やりきれなくて つよくそう熱いそのゆびさきに
つかんでおくれよ

あやしげに白い溜息が 君のその素肌まで花びらに
楽しげに心ヒラヒラと その蜜を求めては 濡れて溺れる

曇った瞳 何にも解き明かさなくてもいい 生きてはゆける
もっとそう ぐちゃぐちゃになって どうでもいいだろう

あやしげに赤いトキメキが 君の奥深くまで飛んでけば
苦しげに羽をもがれては 堪えきれなくなってきて 闇に墜ちてゆく

白い溜息が 君のその素肌まで花びらに
遠い空今日もズルズルとその部屋を避けながら 朝日が昇ってく

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加