真夜中の虹~everlasting love~

アーティスト麻倉あきら
作詞田形美喜子
作曲井上大輔
小さな手のばして探した七色の虹
瞳に映る空 信じてた きっと誰も

はじめての朝焼け 力をこめた手のひら
あの日のやさしさを こんな日は思い出して

ほほえむ強さから 明日(あした)は生まれるの
涙はもう うれしい時だけでいい
強い雨のあとに光は射して
そっと 虹をかけるの
振り返る弱さも 立ちつくす痛みも
抱きしめたら ここから歩き出そう
過ぎた日々もすべて そのままでいい
いつか想いはかなうから

言葉は儚くて 約束だけじゃ怖くて
それでも その胸が求めてる道がすべて

守りたいものなら 世界にひとつでいいの
本当(ほんと)のやさしさに寄り添って 気づくのでしょう

ほほえむ強さから 明日(あした)は生まれるの
信じること ここから始めましょう
闇に隠れそうな星空にさえ
今は 虹がかかるの
この夢のつづきを その手に託すから
うつむかずに 永久(とわ)に時をつないで
けして声にしないサヨナラ だけど
きっと遠くで見てるから

ほほえむ強さから 明日(あした)は生まれるの
信じること ここから始めましょう
闇に隠れそうな 星空にさえ
今は 虹がかかるの
心にある空は 誰も消せないから
うつむかずに 永久(とわ)に想いつないで
けして声にしないサヨナラ だけど
きっと遠くで見てるから

きっと遠くで見てるから

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加