蝶の羽飾り

アーティストaiko
作詞AIKO
作曲AIKO
胸の痛いうちはあなたの事を 想い返さない様いつもいつも
違う事を考えてる 平凡な日々はそんなあたしに沢山の罠を仕掛ける

まだ空が綺麗過ぎて 涙が出る位
あたしはまだあなたの事を好きで 好きで 好きで

海に浮かぶ蝶の羽 両目じゃ眩しい太陽が悲しい切ない
気付かず過ごした毎日に積み重なった大きな存在
決まった時間にいつも鳴ってた電話が今はもう鳴らない
あなたが解いた胸の糸が逆に苦しいよ

可哀想と手をさしのべられたり ひとり迷子だと思われない様に
足も心も動かして平凡な日々の中でもとびきりでありたいと願うの

目を背けてはいけないと解ってるけど
あたしはあたしに嘘を付く 嫌い 嫌い 嫌い

ぐるぐるに巻いたマフラーの隙間にまとわりついてくる海の風が
気付かず過ごした毎日を「今更だ」とあざ笑う
受け止めきれない今の自由 死んでしまったあたしの羽
あなたが解いた胸の糸を波がさらってく

細かく刻まれた愛し方や 渡せずホコリをかぶった手紙も
あたしが作ったカケラ全部大切にすればいい
次にあなたを想い出すのは あたしのこの羽飾りが
もう一度自らちゃんと生え変わった時

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加