金色の螺旋-コンジキノラセン-

アーティストジャパハリネット
作詞鹿島公行
作曲鹿島公行
乾いた闇に 湿った螺旋
脱力の中 飛来するんだ
生命の影 弧を描いてく
堕落する中 確かに光った

破線が動めく それと共に煌く
裸線で見据えた先を この身が轟かす

抱きしめる事さえできぬ今は
この手の中ぬくもりを感じて
残酷で美しいあの未来は
金色に溶けそうな螺旋の中
狂気が咲いた

生きた虚像は今日ものさばる
過ぎ去る日々を見下すように
何もいらない ただ生まれていく
それだけでいいそれで十分だろ

光と狂気の狭間でうごめく
禁断の花が一輪咲いた
いつかは全てが壊れていくのか
見開く瞳孔の先に 何が見える

抱きしめる事さえできぬ今は
この手の中ぬくもりを感じて
残酷で美しいあの未来は
金色に溶けそうな螺旋の中

抱きしめたぬくもりがこの手の中
狂おしく曖昧に旋回する
肥大した欲望と狂気の果ての
残酷で美しい未来は今

この手で掴む希望の影は
虚像の固まりの中にある
この手で掴む未来の影は
金色にとけていく生命の中
狂気の中に 咲いた金色の花

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加