どこまでも

アーティストMEGARYU
作詞NAHKI
作曲NAHKI
どこまでも どこまでも いけるような気がしていた One day
どこまでも どこまでも 追い求め続けていた One day

どこまでも どこまでも いけるような気がしていた One day
どこまでも どこまでも 追い求め続けていた One day

あのころは若気のいたりなんて言われてたように無茶したり
その時々を思うままに身をまかせれば何とかなり
根拠のないプライドはあった 無邪気さゆえに道誤った
つれと朝まで語り合った かかえきれないくらいの夢もあった

果てしなく長く続く この道 確かに歩く
辿り着くあてもなく だけど次のドアたたく

それでも昔は良かったと思えるころがくるだろう
いつもがむしゃらになれた日を決して忘れないだろう

どこまでも どこまでも いけるような気がしていた One day
どこまでも どこまでも 追い求め続けていた One day

急ぎだした時計の針 そのスピードに焦るばかり
関わる人 次第に変わり いつからか小数側に
今までどおりしたいように 自力じゃ出来ない状態に
もどかしさ感じると共に どこかで祭りの終りを悟り

意味もなく 答もなく 遠回りしても歩く
未来に描く夢には遠く ただ立ち止まることなく

それでも昔は良かったと思えるころがくるだろう
いつもがむしゃらになれた日を決して忘れないだろう

どこまでも どこまでも いけるような気がしていた One day
どこまでも どこまでも 追い求め続けていた One day

So long 届きそうで届かない This goal 近づけば又離れ
So long 掴めそうで掴めない This goal 見えては又隠れ

いつからか愛想笑いや社交事例もしっかり板についてきて
決まられた社会の中もわりと居心地良かったり
止められぬ時間の流れ 慌しい暮らしの中で
今もあの時感じた気持ちを決して忘れることなかれ

どこまでも どこまでも いけるような気がしていた One day
どこまでも どこまでも 追い求め続けていた One day

どこまでも どこまでも どこまでも

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加