罠 featuring OJ & ST

アーティストZeebra
作詞OJ ST ZEEBRA
作曲Zeebra
ライブが終わりシャツは汗ダク
そのまま乗り込む黒のキャディラック
中窓閉め 即ボスが巻きだす
関係なく冷蔵庫から酒出す
Yeah ハンパねーぜやっぱボス
3人でドンPをガンガン飲む
ホテルまで車じゃたった5分
気分も更にハイになった途中
交差点で信号待ちの間
横に止まったあやしい外車
その黒窓がゆっくりと開いた
奴らはこっちに罵声を吐いた What

Fuck That! グラス投げつける
「Hey Yo! 俺がZEEBRA Tha Ill Skill
文句あんなら速攻ケリつける」
敵はニヤリと笑いハンドル切る
「バックレか? 気分悪いなマジで!」
ドンP飲み干すぜ グラス無しで
「女でも呼ぼうぜ 誰かケイタイ
なんだ使えねぇな どれも圏外」
それもそのはずだ 外はハイウェイ
暗い山中 何も見えないぜ
すでに会場後にして数十分
どう遠回りしても十分着く
「おい、おい、おい、ドライバー! どこ走ってんだ」
聞いてもシカト一点張り
「聞こえねぇのか!」
ドンドン ウィンドウ ノック
すると ミラー睨んで 速攻ウィンドウロック
一瞬目疑う様なその光景 マジ 揃いすぎたぜ ヤな条件
「Hey Yo OJ こいつぁもしかして」

「俺もハナからいやな予感がしてたぜ」
さっきから Wa Wa うるせぇ奴らが
また後ろで パッシング
「奴等もグルだ!」
次の瞬間
ドライバーは強引に急ターン
車を止めて俺らに言った
「着いたぞ」
外は駐車場 場所は市外の某中学校
族の単車 さっきの外車
囲まれて逃げ場は なくなった
「Yo STどうしようか!」
「はぁー?」
「何かねぇか いい方法は」
「マジふざけんな クソ上等だ」
「まず無理だ 奴等と交渉は」
「じゃあ車奪って逃走か!」
「まぁそれしかねぇ この状況じゃ」
その時急な頭痛と睡魔
足もグラついた
異変に気付いた
「薬だ」
だんだん視界が…
完全にやられちまった

逆のドアから出た俺は逃走中
目にも止まらねえ程の超特急
危ないぞ マジ 立ち止まったが最後
数十人の敵がスグ背後
「OJ ST 大丈夫か?」
どうなんだ 聞こえねえぜ回答が
畜生 今はどうにもできないぜ
速攻戻ってくるぜ 敵まいて

数時間後やっと目が覚めれば
暗い倉庫の中運ばれてた
奴等の尋常じゃねえこの行動に
増す疲労と緊張が
暫く経ち 突然開いたドアの向こうから男が来た
そいつが言った 「こんなのヤメだ」
そういうと鍵を俺に放り投げた
「誰だ!」 何故だ 訳がわかんねえ
答えずすぐに足音は去って
即出た廊下 走り叫んだ
「ST! 何処だ」
「Yo 俺はここだ」
何だ 体中が痛えぜ
全然暗くて何も見えねえ
畜生 高まる緊張と恐怖感
俺を拉致ってどうすんだ
ロープがギュッと体を締めつけ
苦しいぜ 早く 誰か来てくれ
ひたすら仲間の助けを待ち望む
すると向こうから 駆け寄る足音同
時に聞こえるOJの声

「ST! 何処だ」
「Yo 俺はここだ」
「聞こえるぜ ドンドンドア叩く音が」
「早くここを開けろ」
「おぉ 待ってろ」

暗闇の校舎 中二階
じっと潜伏する事 数時間
身に覚えもねぇ この展開に
俺の理性もそろそろ限界に
そこに突如 敵の一人が
話 始めて 初めて見えたストーリーが
昨日の夜のハプニング
ニセジブラのスモールタイムハスリング
敵の仲間の女 タマ食わしレイプ
したとか そういう最悪のケース
ふざけんな そいつぁ俺じゃねぇ
「分かってるが俺じゃ止めらんねぇ」
そう言うと手渡す車のキー
実はK.G.の頃からのファンのB
OJ & ST見つけ Take Off
間一髪 今 脱出成功

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加