粉雪の詩

アーティスト石原裕次郎
作詞池田充男
作曲曽根幸明
夜汽車の汽笛 遠ざかり
静寂は白く 凍りつく
年老いびとか 角巻きの
佇つ影さびし 雪の駅

家並み暗い ふるさとの
わが町見れば 泣かされる
氷柱に胸を 突き刺され
思い出かなし 露地をゆく

迎える人も いまはなく
すべてが夢の ひとむかし
変わらぬものは 粉雪と
口笛鳴らす 風の声

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加