お染

アーティスト島津亜矢
作詞久仁京介
作曲村沢良介
江戸の頃、品川は大層賑わっておりまして、わたしお染は
「白木屋(しろきや)」という貸し座敷の板頭(いたがしら)を務めております。
しかし、若い娘(こ)たちにどんどんお客がついて、
ついには「お茶っぴき」。移り代えのお金も工面出来ない始末。
こんなことなら、いっそ死んじまおうかと思うが、
どこかに一緒に逝ってくれる馬鹿はいないもんかねぇ。

江戸の南の 品川宿は
浮いて沈んで 女郎花(おみなえし)
一夜一生 思いをこめて
死出にいざなう 恋もどき
ともに行(ゆ)きましょ この世の果てに
沖の 沖の不知火 エーエー 袖しぐれ

若いってだけでチヤホヤされて、浅ましいったらありゃしない。男も男だ。
若い女なら何でもいいときたもんだ。まぁ、いいわ。貸本屋の金蔵をうまく
誑(たら)し込む事が出来た。これでようやく面目がたつというもの。
さて、どうやって死んでやろうか・・・。あっ、丁度いいところに。
「ちょっとちょっと、金さ~ん。」

宵の明星 東へちろり
明けのカラスも 鳴いてとぶ
浮世舞台じゃ 真も嘘も
生きるよすがの 決めぜりふ
ちょっと待ってて あの世の果てで
春の 春の名残りの エーエー 散り桜

何が悪いのさ。男と女なんて、騙して騙されて、お互い様じゃないの。
お金を湯水の様に使っての毎夜毎夜のドンチャン騒ぎ。
「踊る阿呆に見る阿呆」とはよく言ったもんさ。情に溺れて、
欲に逆上(のぼ)せて、いい加減疲れちゃったんだよ。さぁ、もうおしまい。

黄楊(つげ)の横櫛 この洗い髪
知って落せぬ 染みひとつ
首を洗った 覚悟もできた
せめて死ぬ時ゃ にっこりと・・・
夢をみたとて 仕方がないが
聴いて 聴いておくれよ エーエー 江戸端唄

一寸先は闇。本当にどうなるかわかったもんじゃあないもんだ。
それにしてもついてない男だね、金さんは。ひとりだけ逝っちまって、
悪い事をしちゃったよ。でも、まぁ死んじゃったもんはしょうがない。
そっちに逝ったらちゃんと詫びるから堪忍ね。ごめんよ~。

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加