お玉

アーティスト島津亜矢
作詞祝部禧丸
作曲村沢良介
散りぬべき 時知りてこそ世の中の
花も花なれ人も人なれ

時代(とき)の流れと 宿命(さだめ)のままに
嫁ぐお方は 細川さまへ
京は長岡 あの勝龍寺城(しょうりゅうじ)
城下町では お玉のことを
ガラシャ ガラシャ
ガラシャ夫人と 噂する

わたくしは忠興さまに嫁ぎ、
幸せに思っておりましたが、
この味土野の淋しい暮らしは、
あまりにも虚しく、
儚いものでございます。
これからは神を信じ、
心の支えとして生きてまいります。
すべてはデウスの思し召し、
つらいとき、苦しいとき、
必ずデウスは、お助けくださいます。

死ぬも生きるも 乱世の女
暮らす味土野(みどの)は 虚しさつのる
天主(かみ)はお玉の 心の中に
遠く淋しい 丹後の里で
愛を 愛を
愛を祈って ひとり待つ

わたくしはデウスの愛によって、
人の命はみな等しく、
尊いものであることを知りました。
お父上、お玉はなぜ女に
生まれてきたのでしょう。
嫁いだ身だとはいえ、
お玉は明智の誇りを胸に、
魂まで渡すつもりはございません。
わたくしも花のように、
潔く散りとうございます。

デウス(かみ)を信じて 真実(まこと)に生きる
人は心で 結ばれている
命ささげた 女のさだめ
胸の十字架(クルス)を 抱きしめながら
燃える 燃える
燃える紅蓮(ぐれん)の 紅桔梗は散る

デウスさまぁ・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加