雪の舞い

アーティスト島津亜矢
作詞チコ早
作曲村沢良介
恋とは 苦しくて 切なくて・・・
狂おしいほど燃えるのが・・・恋

花のお江戸の 噂の陰で
絵島哀しや 恋に泣く
掟に背き 解いた帯は
弱いおんなの 夢ですか
あぁ・・・雪ですね
身体が冷える 心が凍る
・・・峠越え

庭の椿の花に雪が舞ってます。
絵島はこの大奥へ来て、生島に逢うことが出来ました。
そして殿方を愛することを知りました。
他人にかくれて逢う辛さも知りました。
でも倖せでした。
たとえ不義と云われようとも・・・

峠越えたら 二度とは逢えぬ
江戸を追われた かくれ笠
みだれた髪を 手櫛で束ね
もらす吐息も 白い夜
あぁ・・・辛すぎる
灯りがにじむ 命火揺れる
・・・しぐれ宿

あぁ・・・灯りが消えます。
生島の髪の匂いがただよいます。
唇に紅を差し、薄物一枚の白無垢で、市中引き廻しの上、
信濃の高遠へ幽閉・・・
江戸の噂では・・・生島は獄門張り付けの罪とか・・・
たとえあの世へ行っても、二人は必ず逢えると信じています。

しぐれ宿なら 噂も消えて
夢と添い寝の 夜が更ける
手鏡のぞき 面影重ね
そっと瞼を 閉じてみる
あぁ・・・切ないね
生島恋し 絵島が踊る
・・・雪の舞い

あぁ・・・夢が散ります 愛が消えます
新五郎さま・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加