冬の磁石

アーティストキンモクセイ
作詞伊藤俊吾
作曲後藤秀人
冬の空気は 僕の心を
恥ずかしいほど 見透かすくらい
透明だった

真冬の恋が揺れる 星屑の夜空に
飛び出す君
白く吐き出す声に 戸惑うこの部屋を
飛び出す僕

走り出す景色 動き出す恋は
気がつけば 冬の彼方

引き合うはずのNとSが
理屈通りの世界を超えて なぜか離れてゆく
冬の空気は 僕の心を
恥ずかしいほど 見透かすくらい
透明だった

二人帰れない夜
自販機の明かりで話こんだ
同じ場所を探した 涙があふれそうで
また走った

寒くていいよ 暗くていいよ 追い風よ彼女の方へ

引き合うはずのNとSが
理屈通りの世界を超えて なぜか離れてゆく
君の温度を飲み干せるなら
夜の空気を振り切るくらい
強くなれるのに

冬の空気は 僕の心を
恥ずかしいほど 見透かすくらい
透明だった
冬の彼方に消えてゆくのは
明ける夜空と飛び出す君と僕の冬の始まり

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加