かけがえのないもの

アーティストMOOMIN
作詞MOOMIN
作曲MOOMIN
夕陽が街を染め 消えかけてる
狭い空に月を残して
遠くに浮かんでいる 雲を眺め
気がつけば溜息ついてた

ただ過ぎていく そんな暮らしに
いつから慣れてしまったんだろう
時を忘れて 夢中になれる
あの日々が心のどこかで 揺れる

夜を抜け出し 君に逢いに行きたい
心のままに 気持ち伝えたくて
何があっても いつも守っていたい
かけがえのないものに 今気づいた

乾いた空広がる 冬の星を
眺める余裕もない程に
あわただしい時間に 追われてたら
知らぬ間に心 疲れてた

変わり続ける 季節の中で
大切なものを 失くしかけてた
どんな時でも 素直になれる
あの日々が 心にやさしさ くれる

夜を飛び越え すぐに迎えに行くよ
あふれる想い 止めることできない
無常に過ぎる 一度限りの今を
かけがえのない 君と過ごしたくて

夜を抜け出し 君に逢いに行きたい
心のままに 気持ち伝えたくて
何があっても 君を守ってゆくよ
移ろう風に 絶えず灯をともして

夜を飛び越え すぐに迎えに行くよ
あふれる想い 止めることできない
無常に過ぎる 一度限りの今を
かけがえのない 君と過ごしたくて

ぼやけた道の 向こう側を
僅かな星が 照らしている
大事なものを集めながら
見えない明日へ 鍵を探す

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加