緋色の空

アーティスト川田まみ
作詞川田まみ
作曲中沢伴行
そしてこの空赤く染めて また来る時この一身で進むだけ

すれ違っていく'人'も 紛れ失くした'モノ'も
いつかは消えゆく記憶
熱く揺るがす'強さ' 儚く揺れる'弱さ'
所詮同じ結末

そんな日常 紅霞を溶かし現れる陽 紅る世界

風になびかせ線を引いて 流れるよな髪先敵を刺す
振り斬った想い 漲る夢
すべては今この手で 使命果たしてゆくだけ

また灯が一つ落とされ そっとどこかで消えた
現実 変わらぬ日々
だけど確かに感じる 君の温もり鼓動
これも真実だと

そして紅 紅塵を撒き夕日を背に今始まる さあ

なぜ 高鳴る心に迷い戸惑い感じるの
早く いたずらに暴れだす痛み壊して

空に滲んだ焼けた雲は 内に秘めた願いが焦がしてる
躊躇った瞳浮かぶ涙 でも明日の力に変えて

すべて捧げて舞い降りた地 冴える刃一つで闇を斬る
いつだって胸の奥の光 瞬かせて
この一身で 使命果たしてゆくまで

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加