月夜にムーンウォーク

アーティスト東京60WATTS
作詞大川毅
作曲杉浦琢雄
「ごらん月がほらまぶしいくらい街を照らしてる
空を覆ってた雲を僕が吹き飛ばしておいたのさ
このままふたりでずっと歩いていたい」
そんな言葉を言えるはずがなくて黙って君の手を握ったんだ

照れくさくて顔を見れないよ
白くすきとおる君がきれいだから

ああ背中を押してあせらすんだ 早くしろってさあ
シャララこの公園でキスしたいんだ

空からまっすぐに光が一本だけ届いてる
「この道を行けば月まで歩けるね」
そう言って君は立ち止まったけど

照れくさくて何もできないよ
君がしゃべらずに黙ったままだから

ああ空の上から僕らふたりを見守っていてくれよ
シャララあの立体交差でぎゅっと抱きしめてみたいんだ

照れくさくて顔も見れないよ
照らされて白くすきとおる君がきれいだから

ああひと息ついてビルの向こうに消えていくんだね
シャララもうじき朝が来るんだね
ああ空の上からずっとふたりを見守ってくれよ
シャララ悲しい気分さ もう君が
ああ陽が沈むころ また会おうってお別れしたのさ
シャララ月に照らされて君とムーンウォークを踊りたいんだ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加