木の字鴉

アーティスト千葉一夫
作詞松井由利夫
作曲弦哲也
生まれ木更津 浜風夜風
遠くなるほど 恋しいものよ
まして長脇差 三度笠
寄る辺なければ 宛もない
おっと弱音は 柄じゃない
木の字鴉の 木の字鴉の 流れ旅

知らぬ他国で 袖すり合った
むすめ鳥追い 下総訛り
銚子はずれと 酒落てたが
潮の香りの ひと節が
おっとしみるぜ 泣かせるぜ
木の字鴉の 木の字鴉の 一人旅

富士のお山が 遠くに霞む
なぜかおふくろ 重なる姿
ちょいとつまんだ びわの実を
噛めば草鞋の 緒が痛む
おっと止しなよ 里ごころ
木の字鴉の 木の字鴉の 侠旅

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加