川端の宿

アーティスト青戸健
作詞いではく
作曲岡 千秋
川端の宿にしとしと 雨が降る
ひそかな胸の火 消すように
会えばはなやぐ 妻となり
別れりゃ飛べない 鳥になる
叶わぬ恋と 知りながら
追いかけてひとり泣く 朝の宿

川端の橋のたもとに たたずんで
流れに捨てたい こころ傷
月に一度の 逢う瀬でも
顔見りゃ言えない うらみごと
芝居であれば すむはずの
かりそめの恋に泣く 朝の宿

川端の宿を離れて ふり返る
名残りのほてりを 抱きながら
覚悟してても 愛しさに
落とした涙は 数知れず
責めるはわが身 ただひとつ
はかなさにひとり泣く 朝の宿

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加