幸福な亡骸

アーティストTHE BACK HORN
作詞THE BACK HORN
作曲THE BACK HORN
夏の終わりの朝 喪服の行列が
蝉達の死骸を踏みつけ歩いてく

途方もなく青い空
死は優しく穏やかで

火葬場までの坂 擦れ違った少年
万華鏡を覗く 未来はどんな色?

その小さな手の平で
世界をぎゅっと掴むんだ

花よ 花よ 夢を見ては精一杯色を灯せ
ただ其処に在る生と死に抱かれ 歌えよ

幸福な亡骸 そんな死もあるだろう
少なくとも俺には人生は長過ぎた

途方もなく青い空
死は優しく穏やかで
燃え尽きてくこの身体
幸福なる亡骸よ

花よ 花よ 運命を知り故郷の土へ還ってゆけ
ただ其処に在る生と死に抱かれ 眠れよ
全て忘れて
永遠に

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加