最終列車

アーティストムック
作詞逹瑯
作曲ミヤ
噎せ返る午後の日差しを 避けるように僕等は歩いた
人ゴミに紛れた交差点 逸れぬよう裾をつかむ君

僕達は正反対で磁石のように魅かれあっていた
気が付けば君に依存してばかりで
いつの間にかダメになってたよ

風は色付いてめぐりめぐる季節の中で
僕は何かを見失ってしまったから

星月夜空に走り出す最終列車
小さなカバン一つだけ抱えて乗り込んだ僕
さよなら さよなら 列車は星を擦り抜ける
あなたの眠る街並背に 遠ざかる僕をのせて

長い時間を旅して迷子になっただけさ
さあ、 ぬけだそう。 二人の出口はきっと違うけど

最終列車は街を抜け夜の帳へと
離れてく街並眺め、心臓が声をあげ泣いた
僕等は 僕等は どこから間違ってたのかな?
互いを傷付ける為だけに 僕等出逢ってしまった

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加