CELL DIVISION

アーティストAngelo
作詞キリト
作曲キリト
役を遂げて眠りにつく 屍の祈り刻んで
非情なほど明日を照らし 待ち受ける白い光の中

Guided cell division repeats.

移り変わる空の色に 感情追いつかぬまま
否が応なく再生する 細胞に背を押されて

触れ合い確かめあった誓いに結ばれ
生まれ落ちた命 確信に導かれる

跡形も無く破壊されたプログラムを書き換えようか
不意に襲う悲劇も 用意されたシグナルだと気づいて

君が涙零すたびに 天秤は揺れ動いて
再び目を開いた時 方角を明らかにした

それでも揺るがなかった自我に手を引かれ
選び取った未来 望み通りに形変える

定められた軌道越えて 行き着く果てを見に行こうか
待ち受ける結末を 鮮やかに彩るため
当たり前に抱かれていた 景色が燃え尽きていくのなら
最期まで色褪せず 胸の奥に響く声に気づいて

計測不能の風速に身を委ね 予告もなく終わり示すその時まで

限りのある物語に二人で胸躍らせようか
終焉も幕開けも繰り返す細胞分裂さ
与えられた時間の中 優雅に創造を止めずに
概念を実現する 可能性を捧げ続けよう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加