アーティスト坂口恭平
作詞坂口恭平
作曲坂口恭平
霧の街は嘘みたいで
平気なぼくは ただ感じるままに
イルカの絵がガラス窓に映り
三人笑って ぼくはそれを包んで

安心してぼくの眼をくり抜いてみろよ
走り去る夜は まるで巨大なサクソフォン

灰の工場 ぼくには見える
傷だらけの機械 息だけは止めずに
きみのスカート 裾がほつれて
小さな虫がよじ登っているよ

安心してぼくの眼をくり抜いてみろよ
走り去る夜は まるで巨大なサクソフォン

歩き出すきみの 後ろ姿になったぼくは
はじかれそうで でも時間止まって

自転車 信号機 街のネオン 閉じたシャッター
寂しくて かなしくて 泣きたくて でも恥ずかしくなんかなくて

安心してぼくの眼をくり抜いてみろよ
走り去る夜は まるで巨大なサクソフォン

歩き出すきみの 後ろ姿になったぼくは
はじかれそうで でも時間止まって

安心してぼくの眼をくり抜いてみろよ
走り去る夜は まるで巨大なサクソフォン

安心してぼくの眼をくり抜いてみろよ
走り去る夜は まるで巨大なサクソフォン
安心してぼくの眼をくり抜いてみろよ
走り去る夜は まるで巨大なサクソフォン

歩き出すきみの 後ろ姿になったぼくは
はじかれそうで でも時間止まって

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加