風と落ち葉の季節に

アーティスト河口恭吾
作詞河口恭吾
作曲河口恭吾
黄色く染まった絵画館前のイチョウ並木は
絵はがきみたいでいつもしらけてしまう
イーゼルかかえた老人は去年と同じ人
今年もまたなぜかここに来てしまった

かわいた風が落ち葉を吹き飛ばすように
あなたとの日々忘れられたらいいのに
季節がそっとめぐっていくように
だれかをまた好きになれたらいいのに

西陽のグランド打ち上げたファールボール消えて
歓声をすいこんだ霊がながれていくよ
最後の言葉を言えないあなたを見つめていた
冷めきったコーヒーはあの時と同じ

つないだ指でかわした約束はもう
あなたの胸で思い出になってるでしょう
友達には笑い話にしても
一人のときには笑えないのが悲しい

かわいた風が落ち葉を吹き飛ばすように
あなたとの日々忘れられたらいいのに
季節がそっとめぐっていくように
だれかをまた好きになれたらいいのに

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加