風見鶏の髪飾り

アーティストTHE PINBALLS
作詞THE PINBALLS
作曲THE PINBALLS
錆びついた屋根と 鉛の肌 風見鶏はいつでも思っていた
泣いてる僕の好きな君 あなたを笑わせられるのなら

くるくる回って おどけてみせよう このトサカ おかしな形でしょう
本当に空が飛べたなら あなたをのせて飛んでいけるのに

笑いの国へ行こう
お嬢さん
あなたが そばにいてくれたら
つばさを広げ また宙がえり
笑いの絶えぬ国のように

回りつづける 彼の錆びた足を 北風はからかいつづけてた
ぐらぐらとにぶい音をたてて ある日 とうとう逆さに落ちたのさ

それからいく日 いくとせがすぎ 風見鶏はいつでも思っていた
泥の中 ちぎれた羽根をみて あなたをのせて飛んでいけたなら

笑いの国へ行こう
お嬢さん
あなたが そばにいてくれたら
つばさを広げ また宙がえり
笑いの絶えぬ国のように

泣き虫でも休むひまはない お庭をきれいにかたづけましょう
ある日彼女が見つけたのが 風見鶏の古ぼけた羽根だった

もう少しで涙が出そうなとき 彼女は羽根を手でにぎりしめ
思いついたのさ 声をあげて 素敵な髪飾りになるはずと

あの娘が髪飾りつけて 坂道を駆けるとき
背中に羽根が見えるようだと 人々は笑いあっていた

笑いの国へ行こう
どこまでも
あなたが そばにいてくれたら
つばさを広げ また宙がえり
笑いの絶えぬ国のように

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加