ずっと読みかけの夏 feat.CHEMISTRY

アーティスト冨田ラボ
作詞糸井重里
作曲冨田恵一
秋の風 海を渡ってくる
蝉しぐれ 遠くに
あのひとは 白いブラウス着て
目を細め バスを待つ

思いでは 嘘をつくもの
あの町も 遠い

ただひとり どこへ 旅立つつもり
微笑みだけ 残して

ずっと 読みかけの夏は
いまも 読みかけのままさ
初恋までも届かない背丈で
胸の高鳴り 聴いてた

少年の 投げる石つぶては(燃える)
青草の ジェラシー

思いでは 嘘をつくもの
あのひとは おとな

秘密とか 乳房 胸に隠して
微笑みだけをくれる

ずっと 読みかけの本は
いまも 読みかけのままさ
初恋さえも知らない頁に
指を挿(はさ)んで

ずっと 読みかけの夏は
いまも 読みかけのままさ
初恋までも届かない心が
雲の動きを 見上げてた

微笑みだけをくれた

ずっと 読みかけの本は
いまも 読みかけのままさ
初恋なんか忘れかけた いまも
捨てていないよ

ずっと 読みかけの夏は
いまも 読みかけのままさ
初恋までも届かない背丈で
胸の高鳴り 聴いてた

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加