ほしのかけら

アーティストスピラ・スピカ
作詞幹葉, キタニタツヤ
作曲キタニタツヤ
星はいつしか命を燃やして消える
光る最期はきっと綺麗だろう
君のあの日の笑顔も同じなのかな
僕の世界から君が消えない

最後に君がくれた言葉は
まだ君の優しい声で響いている
この胸を締め付けてく
孤独にすがろうとも 君はいないのに

夕空の下 あの日に君と交わした約束
この胸の奥でずっと消えない
あの夏の日の僕らはきっと変われないままで
くすんだ想い出にずっとすがっていた
僕はまだこの手に感じているあの日の君を
忘れることはないだろう

揺れる夏草 広がる青い匂い
遠く伸びる影を見つめた
君が好きだった季節がまた巡って
僕の元へと還ってきた

何度も言おうとして
心の内に溜め込んだ想いに溺れていく
もがくだけ沈んでいく
素直になりたいのに 君に届かない

夕空の下 あの日に君と交わした約束
この胸の奥でずっと消えない
目まぐるしい日々 駆けていく時の流れの片隅
いつまでも大人になれない僕は
今もまだどこかに探しているあの日の君を
忘れようとするほどに

星はいつしか命を燃やして消える
そこに証を残して

夕空の下 あの日に君と交わした約束
この胸の奥でずっと消えない
あの夏の日の僕らはきっと変われないままで
くすんだ想い出にずっとすがっていた

夕空の下 あの日の君が
この腕の中をすっと消えていく
「今ならば」なんてこぼれ落ちた僕の独り言
かき消すように響いた蝉時雨
僕はまだこの手に感じているあの日の君を
忘れることはないだろう

星はいつしか命を燃やして消える

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加