ひとりぼっちのジョージ

アーティストTHE PINBALLS
作詞THE PINBALLS
作曲THE PINBALLS
永遠に生きてきた ロンサムジョージ
名前もない岩の上 ひとりきり住んでた
時々 南の空に見える ハロー ハロー
星の輝きに 話しかけていた

永い 永い夜の中 永い 永い夜の中
名前もない夜の中 言葉を探していた

ちぎれとぶ雲の色や うすれていく葉の色が
少しだけ悲しかったから

それは 君が僕に出会うまでの
僕が君に出会うまでの
永い永い夜にも似ていた
星がひとつ見えることが 目の前にあることが
消えそうなこの命を運んだ

永遠に生きてきたロンサムジョージ
流れつく難破船の かけらを集めてた
暗闇の雨がおそう夜は ハロー ハロー
話しかけるけど こたえはなかった

もしも世界のどこかで この世界のどこかで
君も探しているのなら 君も叫んでいるのなら

言葉は交わせないけれど 輝きつづけてよ
はじめて名前を呼ばれた気がした

それは 君が僕に出会うまでの
僕が君に出会うまでの
永い永い夜にも似ていた
星がひとつかげる夜は 目の前にない時は
消えそうな この声で叫ぶよ

君が僕に出会うまでの
僕が君に出会うまでの
永い永い永い夜の終わりを
星が降り注ぐ音が 目の前にいる君が
消えそうな この命を燃やしている

今も
いつだって
たった 今だって
遠い雨を 切り裂いている
遠い雨を 切り裂いている
遠い雨を

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加