野澤君

アーティスト斉藤哲夫
作詞斉藤哲夫
作曲斉藤哲夫
さわやかな風が 僕の部屋の中を踊る
いつも乍らの 君は両の足を投げだして
朝の陽のまぶしい 窓によりそい 本を読む
今朝の君の調子は どうだろう

外は新しい朝が待っている

一言二言のあたたかい言葉が
僕らの心の中で歌を歌う
君のポケットに たばこある ひょいと投げて
深く吸いこんだら おもいきり

空に向けてはきだそうよ

何気なしに ギターを持った君は
心なしかうつ向いていて 元気がないね
聞かせてよ 頭の上が 曇り空ばかりの 築地の唄を
ふとためいきまじりの 声が

僕の部屋中いっぱいに歌うよ

家を遠くはなれて この土地へやってきた
君のブルースを 歌い乍らやってきた
お話 しましょう そんなに 黙り込まないで
いかがでしょうか この土地東京の

空は君になじめただろうか

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加