アーティストFleur Rose 愛華
作詞Fleur Rose 愛華
作曲Fleur Rose 愛華
すぐそばに光り輝いてる
希望の星僕だけの

寂しげなその背中を照らす
守護をまとったその光は
嵐の中で何より光る
僕の心と通じ合って

気づいてるよその眩さ
君の祈り、願いだって
温もりを感じて
今立てる孤独の戦場に

君の笑顔が僕を未来へと誘う
たとえこの身が空に落ちたとしても
僕はいつでも傍にいる誰よりも近く
君を感じて君と歩んでいきたい

乾いた心消えゆく意識
覚悟を決めた時聞こえた
声のする方ひたすら走る
手を伸ばせば届きそうなのに

届かなくても響いてる
どんどん大きくなるんだ
その思い胸に秘め
もう一度立ち上がる勇気に

選択肢はいらない君が示してくれる
希望に満ちた1つの道だけで良い
歩いていこう君とならいける気がする
光の先の新しいあの世界へ

君の笑顔が僕を未来へと誘う
たとえこの身が空に落ちたとしても
僕はいつでも傍にいる誰よりも近く
君を感じて君と歩んでいきたい

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加