君の赤いシャツが

アーティスト鈴木祥子
作詞菅原弘明, 鈴木祥子
作曲鈴木祥子
明日まで走っていれば どこかに着くだろう
みたことのない景色 知らない街から海まで
遠くつづく列車にのって

何もかも満たされて
あやふやに暮らしてるぼくたちは

今はじめて知る 空が青い理由を
きみの赤いシャツがいま風になびいてる

あの丘のカーブでそっとキスして照れながら
取りだした本の表紙はおんなじスーザン・マイノット
なんてちょっとできすぎだよね

心臓が動いてる
あやふやで罪深いぼくたちを

今日も連れてゆく、まだ知らない場所へ
きみの赤いシャツがいま空をうつしてる

そして明日になれば
すべて想い出になる それでもかまわない

どこまでも過ぎてゆく
終わらない絵のなかでぼくたちは

今日も歩きだす 太陽の真ん中へ
きみの赤いシャツがいま空をうつしてる 風のなかで

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加