trigger

アーティスト関俊彦
作詞こさかなおみ
作曲野見山正貴 編曲:Mitsuhiro Saito
大事なもの失くした日
空っぽの手の中に
冷たくて硬い鉛
生と死を図ってた

追いかけては消えて行く
狂気という幻想が
ただ生きる それだけが こんなにも重すぎて

空高く昇った月が
痛みを呑んで満ちて行く
絡み合う運命(さだめ)の糸に
藻掻けば深く縛られる
弱くない見届ける
魂(こころ)を無くす事なく

こめかみに押し付けてた
銃口の確かさは
逃げられない罪の色
掌を染めていた

この肩へとのし掛かる
命という陽炎が
永遠の眠りさえ 悪夢へと奪われる

空高く昇った月が
業(カルマ)に喰われ欠けて行く
引き金に回す指先
震えながらも解いた夜
立ち向かう生きてやる
己(おのれ)に負ける事なく

満ちては曳く光と闇
駆け引きを
変えられないことならば
瞳で射抜き受け止めよう

空高く昇った月が
痛みを呑んで満ちて行く
絡み合う運命(さだめ)の糸に
藻掻けば深く縛られる
弱くない見届ける
魂(こころ)を無くす事なく

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加