蛹 -サナギ-

アーティストsuzumoku
作詞suzumoku
作曲suzumoku
枯れ葉の落ちる音も響きそうな 暗がりの四畳半に一人
膝を抱えながらも飛び立つ日を 思い描く蛹
まるでお湯を注いで作りあげた 安物で即席の生活
明日の予定さえも夢の中で 慌てて立てる始末

乾いた唇 ボサボサの髪 染みの取れないままのTシャツ
真っ白なスケッチブックだけが 完璧だと主張している

「もっと頑張れ」と言われるその度に 僕の傷口は酷くなるみたいだ
「何が欲しいの?」と聞かれたらすぐさま
そいつの全てを奪いたくなるだろう

例え雨が降ろうが槍が降ろうが ひび割れる事もない毎日
指をくわえながらも目覚める日を 思い描く蛹

ささくれた小指 充血した目 虫に食われたままの靴下
壁に貼付けた写真だけが 永遠だと主張している

「もう諦めろ」と言われるその度に 僕は傷口を抉りたくなるんだ
「何がしたいの?」と聞かれたらすぐさま
そいつの全てを壊したくなるだろう

爪先の側に 迫る夕闇 僅かに頷く胸の鼓動
次第に麻痺する不安だけが 生き延びろと主張している

「もっと頑張れ」と言われるその度に 僕の傷口は酷くなるみたいだ
「何が欲しいの?」と聞かれたらすぐさま
そいつの全てを奪いたくなるだろう
「もう諦めろ」と言われるその度に 僕は傷口を抉りたくなるんだ
「何がしたいの?」と聞かれたらすぐさま
そいつの全てを壊したくなるだろう

枯れ葉の落ちる音も響きそうな 暗がりの四畳半に一人
背中のミシン目に気付けないまま 眠りに就く蛹

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加