失恋小説

アーティスト逗子三兄弟
作詞逗子三兄弟
作曲逗子三兄弟
オマエをギュッと抱きしめた all night long
思い出 ふっとよみがえる all night long

海に舞い落ちる花火のように想いは儚い
声に振り返る オレの横にオマエはもういない

ホントは気づいてた・・・ これがきっと最後の夜
交わす言葉も少なくなって夏の音だけが響き渡る
咲いては散る花火達をただ二人眺めながら
今 何考えてる? 何思ってる?

あの頃は ただ嬉しそうに「キレイだね」って言ってたオマエが
寂しそうに震える声で「なんか儚いね・・・」って笑った
もう戻ることはないんだな ・・・涙は隠して笑顔でサヨナラしたかったのに

頬を伝う一雫
恋が終わる 人知れず・・・

いつだって「好き」・・・その言葉だけであんなにも幸せになれた
この海に咲く花火 二人で見ることはなくなった
夜明けには思い出に変わる

オマエをギュッと抱きしめた all night long
海に舞い落ちる花火のように想いは儚い

思い出 ふっとよみがえる all night long
声に振り返る オレの横にオマエはもういない

『"またね"って言えない別れの時はなんて言ったらいいのかな』
そう言って黙ったままのオマエにオレは何も言えずに
遅すぎた言葉ばかりが浮かんでは消えていく
終わり間近の花火みたいに

いつしか理由ばかりを探して 素直に気持ちも言わなくなっていたんだな
あぁ今更思い出したよ 会いたくなるのに理由なんてないんだ と

いつだって「好き」・・・その言葉だけであんなにも幸せになれた
この海に咲く花火 最後の一つが打ち上がって
この恋も思い出に変わる

「オマエが好き」・・・その言葉だけであんなにも幸せに笑ってくれた
この海に咲く花火 響く音に重ねるように
もう一度だけ最後の「I love you」

いつだって「好き」・・・その言葉だけであんなにも幸せになれた
この海に咲く花火 二人で見ることはなくなった
夜明けには思い出に変わる

オマエをギュッと抱きしめた all night long
海に舞い落ちる花火のように想いは儚い

思い出 ふっとよみがえる all night long
声に振り返る オレの横にオマエはもういない

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加