タイムマシン

アーティスト西山宏太朗
作詞西山宏太朗
作曲矢吹香那
ビルに囲まれた景色にも
ずいぶん慣れてきた
痛かった 革靴さえも
それらしく磨いて

駅までは少し歩くけど
近道も見つけた
持ちきれない手紙は全部
メールで送る

青いにおい 眩しく見えた
エナメルのカバンから はみだして
こぼれおちそうだな 救ってよ もう一度

タイムマシンで会いに行くから
笑うきみのとなりで
黒いサイダーはぼくが買うよ
ペースを上げて寝るには早い
泡が流れた

かれこれ時間も過ぎたけど
頑固なぼくだから
コーヒーは飲めないままで
大人になりきれない

好きな色とか季節だとか
嫌いな野菜とか
そりゃそうさ タイプも変わる
増えては減ってく

当たりのくじ あの夏のまま
財布にしまってある 思い出す
真面目な背中で 憧れたスカート

タイムマシンで会いに行くから
怒る横顔探して
kissの話は今はいらない
はねるビート to be continued...

タイムマシンで 会いに行くから
笑うきみの となりで
黒いサイダーは ぼくが買うよ
ペースを上げて 寝るには早い
泡が流れた

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加