雨にうたれれば

アーティスト杉山清貴
作詞杉山清貴
作曲杉山清貴
突然降り出した雨 傘を開く暇も無く
逃げる様に走り出す人の渦の中で
アスファルトに 浸みてゆく 雨の行方ながめてる
こんな日には 懐かしい記憶だけが 見えてくる

言い訳も 偽りもしないままで
時が過ぎて行くだけ

あの日 流れ落ちた
涙はもう
きっと君の中で
消えてるだろう
今でも僕は 胸を痛めてるけど

ビルの窓が映し出す 雨上がりの街の色
ハネをあげて 行き交う 車の屋根が光る
濡れたシャツの袖口を 軽くしぼり 歩き出す
晴れた空に 薄く一筋かかった 虹の橋

夕立ちに会う様な 別れだった
君はそう思うだろう

伝えきれずにいた
言葉はもう
ずっと僕の中で
思い出になる
いつかどこかで 出逢えたとしても

夢で微笑む 君はいつも
雨にうたれたまま
何も言わずに 僕を見つめる
これじゃ 辛すぎる

言い訳も 偽りもしないままで
時が過ぎて行くだけ

あの日 流れ落ちた
涙はもう
きっと君の中で
消えてるだろう

伝えきれずにいた
言葉はもう
ずっと僕の中で
思い出になる

あの日 流れ落ちた
涙は
伝えきれずにいた
言葉は・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加