裸の王様

アーティスト杉山清貴
作詞杉山清貴
作曲杉山清貴
行く先々で吹かした 煙草と虚栄の数
誰もが見て見ぬふりで 後で舌を出す
従う者を引き連れ 土足で踏み込んでく
本当の君の姿は 鏡に映らない

静まりかえった 真夜中の交差点
通る車も無く 点滅をくり返すシグナルの様だね

何も気付かない 何も気付けない
自分の利益だけ 求め
しがみつくだけの物も 残せずに
年老いてく 悲しすぎるKING

一人 そしてまた一人 従う者も去って
とり残された自分を 見くだす日が来るさ

夢を語れずに 歩き続けて来た
信じられるものは 錆び落ちて はがれてく
地位と金と名誉

誰も喋らない 誰も喋れない
傷つけられたくはないさ
しがみつくだけの物も 残せずに
年老いてくだけのKING

つぶされる者と つぶす者はいつでも
憎しみの中で 背中を向け合う

何も気付かない 何も気付けない
自分の利益だけ 求め
しがみつくだけの物も 残せずに
年老いてくだけのKING

誰も喋らない 誰も喋れない
傷つけられたくはないさ
しがみつくだけの物も 残せずに
年老いてくだけのKING

何も気付かない 何も気付けない
誰も喋らない 誰も喋れない・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加