WASTING TIME

アーティスト杉山清貴
作詞杉山清貴
作曲杉山清貴
錆びついた自転車の ブレーキをかけるたび
風が時間を 巻き戻して行った
防砂林すり抜けて 夕暮れの海に立つ
そんなくり返しの日々が 懐かしくて

街は今日も 眠らない夜を過ごしている
オリオン座も見えない 淋しい空の下で
僕は何を 捜し続けて来たんだろう

真っすぐに延びている 堤防に腰かけて
風が一瞬止まる時刻を待つ
ビル街に囲まれて 足早に歩いても
何も変わらないさ 日は昇り 沈むから

街は今日も 眠らない夜を過ごしている
心までも ネオン色の様に 染めあげられ
僕は何を 捜し続けて来たんだろう

やがて月が金色に 光りはじめて
僕も闇に 溶け込んで行く

街は今日も 眠らない夜を過ごしている
オリオン座も見えない 淋しい空の下で
僕は何を 捜し続けて来たんだろう

僕は何を 捜し続けて来たんだろう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加