何を見ても涙ぐむ

アーティスト杉山清貴
作詞戸沢暢美
作曲都志見隆
愛は僕を なじりもせずに
あの日 去っていった
こもりっきりで 落ち込んだままの
自分 許していた

午後の陽が そそぐ公園で
遊ぶ子供を見た
誰の上にも
つらい試練 いつか来るのか

人が住む
この街角で
いまは何を見ても涙ぐむ
目に見える すべての命
孤独をはげましてる
それはおだやかな奇跡

君は僕が 愛した宇宙
わかり合えずゴメン
腕を組んで 老夫婦がゆく
なにを越えてきたの

悲しみを とがらせるたびに
明日を投げてさめた
木もれ陽 揺れる
坂の途中 立ちつくしてた

人が住む この空の下
いまは何を見ても涙ぐむ
遠い日に 遠い記憶に
誰もがとどまれない
サヨナラさ
I'm Just Crying For You

いつの日か 出会うひとがいる
そんな 予感がした
制服たちが 過ぎたあとで
風がはなやぐ

Everybody Wants
Everybody Wants To Shine
いまは何を見ても涙ぐむ
君といた この街角で
僕はひとりきりで 立ち直る
人が住む そのささやかさ
勇気を教えている
それは美しい時間

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加