アーティスト三月のパンタシア
作詞n-buna
作曲n-buna
君の温度に触れた夜は
何処までも遠いブルーで
唇から覗いた白い煙が気になる

止まれないスピードで
冷めぬ夜の温度で
私の知らないものを全部教えて
さよならの彩度で
その煙の温度で
苦い味が忘れられないよ
口に残るように

冬の温度に震えた息は
真白に染まるようで
唇から覗いたそれが、煙草の煙に見える

君の温度で
夜のライブハウスで
私の知らない音を全部教えて
鼻歌で小さく
歪むほどに大きく
何一つも忘れられないよう
耳に残るように

冬の温度に揺らいだ
何処までも遠いブルー

止まれないスピードで
冷めぬ夜の温度で
私の知らないものを全部教えて
さよなら、ありがと
その煙の温度も
苦い味も忘れられないよ
口に残るように

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加