不揃いな脈拍

アーティスト三月のパンタシア
作詞みあ, みきとP
作曲みきとP
裸の二人には 恐れも現実もなくて
重なる吐息 生ぬるい汗
赤茶けた部屋に願いも虚しく
その唇がこぼす 「・・・さよなら」

聞きたくて 君の行く先を
煮えたぎるほど嫉妬した
"いかないで" その言葉より早く
涙あふれた

もう私、素直になんてなれない
あぁ恋は万華鏡?そんなのって嘘だね
一度きりで 冷たくなった合鍵
燃えるほどの過去に 捨ててしまおう
ねえ今更 言わせて 「・・・大嫌い」

狭い部屋 時計は止まったまま
一瞬の永遠に 二人で溺れたの
「あの光る星は何億年も前に死んだんだ」
君がそう言ってた

君は彼に恋してた

もう私、この眼 潰してしまいたい
未来とか見なくていい 君の光だけでいい
一人きりで 千切れそうな夢抱いて
眠るこの部屋には 君だけがいない

その細い指先 白い素肌は
誰のもとに帰っていくの
聴こえる 不揃いな脈拍の
虚ろな音が

何度でも君に恋してしまった
痛みを伴うこと 覚悟してたのに
永遠の海で 耳を澄ませば聴こえる
あの日の ふたりの 笑い声

もう私、素直になんてなれない
あぁ恋は万華鏡?そんなのって嘘だね
一度きりで 冷たくなった合鍵
燃えるほどの過去に 捨ててしまおう
ねえ 最後に聞かせて 「・・・幸せですか?」

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加