ポニーテールは振り向かせない

アーティスト22/7
作詞秋元康
作曲鈴木大士
もう 木陰が なくなってしまったくらい
そう 校庭を照らしている夏の太陽
真っ白なシャツの背中が汗で濡れて
肩で息をつく君が愛おしかった

何て声を掛ければいい 思い切り抱きしめたい
心は叫びながら
不器用な恋をしていた

「君が好きだ」

振り向かせなくても 必ず想いは伝わる
ポニーテールだけ見つめて
君を遠くから 遠くから好きでいる
もし目と目が合ったら どうすればいいかわからない
きっと無様な僕になる
存在に気づいていない方が
お互い自由でいられるだろう
もう少し勝手に好きでいさせて

ああ このまま あとどれくらいここにいれば
そう 蜩(ひぐらし)が下校時刻 教えるだろう?
グラウンドは誰もいなくなってしまった
僕は呆然とそこに立ち尽くしていた

君と帰りたかったんだ 夕暮れの商店街
自転車 押して歩く
甘酸っぱい恋の妄想

「夢を見ていた」

振り向かせようとは 思ってなんかいないんだ
結んだリボン 眺めながら
今の関係で 関係で構わない
2人が向き合ったら 何を話せばいいのだろう?
絶対 無口な僕になる
愛しさに気づかれてない方が
誰だって自然に振る舞えるもの
卒業をするまで好きでいさせて

「片想いでいいんだ」

振り向かせなくても 必ず想いは伝わる
ポニーテールだけ見つめて
君を遠くから 遠くから好きでいる
もし目と目が合ったら どうすればいいかわからない
きっと無様な僕になる
存在に気づいていない方が
お互い自由でいられるだろう
もう少し勝手に好きでいさせて

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加