ものもらい

アーティストすぎもとまさと
作詞吉田健美
作曲杉本真人
身勝ってな自由求め 心地良い家飛び出し
北向きの部屋を借りて 暗闇に細々と暮らす
すりきれた夢にすがり
いつかは認めてもらえると
貧しさだけを売物に
他人のふところあてにする
おごってもらい ゆずってもらい
あわれんでもらい
あげくのはてには さげすんでもらう
誰彼の区別なく ただただもらい続け
与えることを忘れていたら
出来てしまった ものもらい
右目がぷくんとふくれあがり
見るにたえない ものもらい

ままならぬ世間を怨み
己れのおろかさ否定して
毎日ゴロゴロ寝てばかり
動く意欲は少しも見せず
金がないなら 汗流し
涙を流してかせげばいいもの
友人知人を訪ね歩き
不在と聞いてもあがりこむ

食わせてもらい飲ませてもらい
着替えさせてもらい
あげくのはてには泊まらせてもらう
誰彼の区別なく ただただもらい続け
与えることを忘れていたら
どんどん広がる ものもらい
右目から左目へと進み
それはみにくい ものもらい

鏡に写った姿に驚き
なんとかしようと思案する
昨日のすべてを捨て去って
今日から生まれ変わるんだ

おごってやろう ゆずってやろう
ほほえんでやろう
借りていたものを返してやろう

真心を尽しては ただただ働き続け
与えることに熱中したら
あの娘の移ったものもらい
おかげで薬を買いに行く
あの娘はかんかんものもらい

ウーン ものもらい
ウーン ものもらい
今度はどなたに移るだろう
あんたもあぶない ものもらい

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加