アーティストすぎもとまさと
作詞吉田健美
作曲杉本真人
その夜も母は眠い眼をこすり
妹の制服繕って
茶ダンスの上の古い置時計
眺めてはため息ついて居ました
飲んで帰って来なければ
誰にもやさしい父でした
夜風が雨戸を叩く毎
振り向く母が悲しくて
幼い僕は蒲団の中で
泣くことだけしか出来なかった
思えば涙の日々でした

リンリンとヤカンの鳴り響く音
夜更けの静けさにしみ渡り
そそくさと寒い台所へ立つ
母の背が人生を語っていました
せめて帰って来るだけで
どんなにうれしい父でした

それでも母のくちぐせは
父さんはりっぱな人ですよ
幼い僕には解らなかった
母の気持が解らなかった
思えば不安な日々でした

その日暮しをやめたなら
母に似合いの父でした
ぐちの一つもこぼさない
母の赤ぎれ手の平に
今なら僕が幸せを
生きてくことの喜びを
けれどもあなたはもう居ない

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加