男と女の舟唄

アーティストしいの乙吉
作詞しいの乙吉
作曲しいの乙吉
おんなの川には 舟はない
月の鏡で 髪梳(と)かし
紅をひく 影おとす
口説き文句を 忘れたか
俺の呼ぶ声 忘れたか・・・
出てこい 出てこい 舟に乗れ
どうせこの世は 波まくら 夢まくら

男は月夜に 舟を出し
惚れた女の 胸ふかく
忍びこむ 指を噛む
夢を心に 宿しつつ
想いかさねて 愛に酔う・・・
出てこい 出てこい 舟に乗れ
どうせこの世は 波まくら 夢まくら

無理に棹差しゃ 流される
俺とお前の 舟唄よ・・・
出てこい 出てこい 舟に乗れ
どうせこの世は 波まくら 夢まくら

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加