風上ボタン

アーティスト雅-MIYABI-
作詞音羽志保
作曲石塚浩之
ほつれた胸のボタンをひと思いに千切った
凛々しい風が通り抜ければ
こみあげるあなたへの想い
覚えたあかさたなでも知り得ぬ山の色は
振り返ったころにはとうに
誰かれの色に染められる

好(よ)かれ浮かれ時も焦がれて
口端(くちはし)じゃただの緑色
踏まれ揺られ辿(たど)るわたしは
悪びれもないくらい
あなたがいい

らいら、らいら、らいあいあい
らいら、らいら、らいあいあ
またひとつ風が吹く

よぎるは葉月の風唄うは衣(ころも)の恋
騒ぐ音に耳を澄ませば
麗(うるわ)しのあなた重ねくる

つられ浮かれ恋も焦がれて
見上げれば底知れぬ想い
惹かれ揺られ抑えきれずに
悪びれる暇もなく
あなたがいい

らいら、らいら、らいあいあい
らいら、らいら、らいあいあ
またひとつ風が吹く

好(よ)かれ浮かれ時も焦がれて
口端(くちはし)じゃただの緑色
踏まれ揺られ辿(たど)るわたしは
悪びれもないくらい
あなたがいい
悪びれもないくらい
あなたがいい

らいら、らいら、らいあいあい
らいら、らいら、らいあいあ
またひとつ風が吹く

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加