淡き恋人

アーティスト高橋真梨子
作詞高橋真梨子
作曲森川直紀
あの季節(とき)吹いた 風は変わらない
同じ空は青さを貫く
流した涙 無数にあうrから
まばゆい陽が時を交差してる
ヴィラのテラスから樹海を見れば
傷も癒えると思ってた
愛おしさに貴方の名前呼ぶ
許されぬ遠き恋病
痩せ細る身の
眼差しは美しく悲しげで
色褪せぬ淡き恋人よ
あの隠れ家の休日

もしも再び抱きあえるなら
赤く染まる樹海の彼方へ
魔法に触れたような二人の絆
波の鼓動の胸元が
狂おしさに1羽の鳥になり
海を翔ぶ夢を見つづけた
貴方追いかけ
そんな過ぎた空間を振り返る
幸せも捨ててしまいたい
あの隠れ家の休日

肌と肌奪い合う切なくも
魂を抜かれる瞬間 男と女
眼差しは美しく悲しげで
色褪せぬ淡き恋人よ
儚い明日があるから

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加