REW

アーティストGRAPEVINE
作詞田中和将
作曲亀井亨
やたら地味な精錬を かたや派手な経験を
たかが歌のワンフレーズを繰り返しては

他人の汗に軽蔑を 可惜当たり前な顔を
又は他人の顔色を伺うような

疲れるでしょうと したり顔で笑うか
おれは最低か

華々しい画面も 白々しい裏切りも
ただ眩しいあの夏の映画も
叶わない願いも しかつめらしい悲しみも
やり直し
どこまで戻せばいいんだ

語り種の人生を 事無かれの永遠を
雑踏の中の雑草を誇らかしては

掴まえましょうと 偏に前向きなフリか
それは才能か

慌しい報道も わざとらしい外連味も
うら淋しい真冬の名盤も
空回りの懸念も 誰かの言う戯れも
やり直し リアリティを感じないせいだ

華々しい次画面も 白々しい裏切りも
ただ眩しいあの夏の映画も
大なり小なり
叶わない願いも しかつめらしくまわる世界も
やり直し
どこまで戻せばいいんだろう
REWIND

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加