サヨナラ

アーティストストレンジヌードカルト
作詞谷口佳史
作曲谷口佳史
まるで花の様にキラキラと笑う君を見て
君と僕を結ぶ糸をココロで書いた
僕の帰り道もこっちのほうだからなんて
笑うくらい下手な嘘ついて となり歩く
肩と肩がちょっと触れ合うだけで謝ったりして 実は嬉しかったりして

それだけでよかった 君と会えてよかった
幸せとはきっとこんな感じだと思った
楽しくて歌った ラブソング歌った
君の前では恥ずかしくて歌えなかった

いつもの時間に いつもの場所 いつもの二人
いつものように少し君は遅れてやってきた
めずらしくちょっとうつむいた君で のぞきこむ僕の目をそらしたりして

美しい顔だった もう会えないとわかった
聞きたくないから 僕ばっかずいぶんしゃべった
サヨナラなんて言葉なくなれと思った
何よりも君が見せた涙が痛かった

月日は流れた 何度も季節が去った
心残りは言えなかったサヨナラとありがとう
君と会えてよかった 君と会えてよかった
最後にサヨナラ そしてほんとありがとう
ほんとにありがとう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加