ネオンボーイズ・ファンクラブ

アーティストSTANCE PUNKS
作詞川崎テツシ
作曲川崎テツシ
味気ない道路 ひび割れ始めた群像
誰かのためじゃなく 僕だけのための
新しい空気 ミルクとバターで溶かして
甘い夢を飲んでは酔っ払っている

右ポケットのナイフが錆びてしまっても
月に照らされた メッセージを読み取って

鋭い目つきのネオンボーイズ
夜の街で歌ってる
昼間とはまた違う顔で
僕に笑いかけてくれ

紫の煙 空想よりもっと高く
コンクリートで創られた空を染めるんだ
約束の意味はトイレのドアにはさまれて
歯車は今日も狂いっぱなしさ

魔法のような時間が現れては消えてく
あの頃はいつだってあの頃でしかないから

危ない目つきでネオンボーイズ
夜の街が光ってる
悲しい嘘をつくたびに
またひとつ何かが壊れてく

最後の夜に旅立った!

鋭いつきのネオンボーイズ
夜の街うろついてる
昼間とはまた違う顔の
真っ暗な自由の中で

危ない目つきでネオンボーイズ
夜の街で歌ってる
明日の朝がいつだって僕達のものになるために

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加