甘い種の不思議

アーティストANATAKIKOU
作詞ANATAKIKOU
作曲ANATAKIKOU
紫色のシャツに着替えながら
そばかすなんて気にもとめない部屋
目覚めの悪い朝も七年目の
暑さにはでた甘い種の不思議

はだけた唇隠し 身すえた屋上に捧ぐのは
ひなどりも待つ茄子の足 とりあげる指の白さ

いかさまみたい この頃の時計は
肩にこぼれた飾りのせいにして
今何曜日?問題は昨日で
彼まかせにも慣れる種の不思議

あずけた頬に彩る 紅割れた恋えくぼ 舐めれば
たどりつくの件の夏 手を振ればなびくその声

そっぽを向いても似てる やっぱり変わらない顔
知らん顔でも夢見てるの
やっかいな風に似てる さっぱりさえない終わり
飛ばされてまたうつむいたり
くってかかるのが似てる しっぽり行くのが流行り
とがらした口濡らすかたち
かってな素振りも似てる 行ったり来たりの水たまり
二日と乾かないわがまま 水たまり

はだけた口唇隠し 身すえた屋上の捧ぐのは
ひなどりも待つ茄子の足 浮きあがる雲そらして

あずけた頬に彩る 紅割れた恋えくぼ 舐めれば
たどりつくの件の夏 背もたれの硬さも彼の後ろに
舌足らずからかう時も とりあげる指の白さ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加